2018年12月26日水曜日

立体的な絵


最近、息子と一緒にお絵かきをすることがあります。

絵を描いていると懐かしい気持ちになります。

絵を描くことは子どもの頃から好きでした。

聖書の勉強をするようになってから、ほとんど描かなくなってしまいましたが、

今でも、子どもたちに聖書の内容を伝える時に、少しだけ絵を描くこともあります。

でも、自分の絵を見て物足りなさを覚えます。

なぜか、理由はわかっています。

「平面的」なのです。

真正面から見た顔や真横から見た顔を描くことはできるのですが、
様々な角度で、色々な人物を配置したり、奥行きのある背景を一緒に描くことができません。
絵に影をつけて浮き上がらせたり、動きをつけて躍動感を出したり、
そういう絵はほとんど描いてきませんでした。
そのあたりが、本当に芸術を学んできた人との差になって現れてしまうのだと思います。雲泥の差です。

絵に関しては、いまのままでも良いかなぁ、と諦めているのですが、

聖書の読み方・紹介の仕方に関しては、学びを積み重ねていきたいと思わされています。

平面的な話は、そんなに難しくないかもしれません。

「もっと立体的に捉えることができたら良いのに」と思うことがあります。

歴史、文化、思想、言語

客観的な考察と黙想的な探求

一つの聖書箇所を学ぶにあたっても、
いろいろな角度から、いろいろな方法で、書き記された御言葉にフォーカスしていく。

そうしていく中で、ただ「理解した」というだけでなく、

聖書の言葉に内包されているメッセージが浮き上がっていくような読み方、また語り方ができれば、それは本当に幸いな学びになっていくのだと思います。

2019年は、もっともっと聖書の世界を探求していきたいです。

教会で一緒に聖書を学ぶ仲間が与えられていることは、本当に幸せなことであると思っています。

幸せな場所です。教会は。


先日のケアセンターでのキャロリングの様子

施設、社長、職員、利用者のみなさまが本当に素敵で感動しました。

2018年12月21日金曜日

アナログ人間

最近「アナログってすごい」をよく言っている気がします。

寒い時期、部屋を温めてくれる電化製品はありがたい存在です。

教会にもエアコンはありますが、各部屋にはないので、石油ストーブや電気ストーブを使うことがよくあります。特に冷え込む朝晩は、その威力に驚かされています。
高価なエアコンよりも、一気に部屋を温めてくれるからです。

私が普段仕事をしている部屋は、小さな2000円くらいで買った電気ストーブ一つでポカポカです。

数ヶ月前まで住んでいたアパートのお風呂には、スイッチ一つで適温のお風呂を沸かしてくれる最新機能がついていましたが、引っ越しをした新しい住まい(築30年)は、火をつける機械(一種の給湯機?)を使ってお風呂に貯めた水を温めなければなりません。最初なかなか慣れませんでしたが、明らかに電気で沸かすよりも高速で水を温めてくれます。その威力に驚いています。

少し話が飛びますが・・・

何かを書き記す時、パソコンでタイピングするよりも、鉛筆でノートに書いた方が記憶にも残り、また良いアイデアが思い浮かぶような気がします。

本も、パソコンやiPadで電子書籍を読むよりも、印刷された本を読む方が、頭に入ってくるような気がします。

なので聖書も、電子版を持っていますが、ほとんど使っていません。

確かに、デジタルにおける技術革新は、私たちの生活をより豊かに、より便利にしてくれているように思います。デジタルなモノに助けられるていることは多くあります。でも、昔ながらのアナログな道具の普遍性、使いやすさに関心させられることも多くあります。

新しいもの好きのミーハー(古い表現ですが・・・)な私は、つい最新技術を求めがちです。

色々なものに目移りしたり、流行に流されたりしてはいないかと自問する者です。

最新ではないけれど、変わらないもの。
革新的ではないけれども、使いやすいもの。
特別ではないけれども、信頼できるもの。

仕事道具も、生活用品も、また考え方も、

もう少しアナログを大切にしてもよいのではないか、と思わされています。


我が家一のアナログ人間


クレヨンを握って


黙々と

2018年12月13日木曜日

冬の公園、寸又峡温泉etc...

少し久しぶりの更新です。

特別なネタがあるわけではありませんが^^;

とりあえず最近の写真を無作為にアップします。


朝の光の中で


ひいおじいちゃんからいただいたおもちゃで遊んでいます


寒くなってきましたが、息子は公園が大好きです。


私はたまにしか一緒に行ってあげられていません。

もっと一緒に過ごす時間を大切にしないと、と思わされている今日この頃です。


少し前の話ですが、11月23日の祝日に教会の青年と「寸又峡温泉」に行きました。

温泉、といっても食べ歩きと紅葉見物です。


この池はとても幻想的でした。





途中、千頭駅にも寄りました。SL見物。



千頭にはアプト式列車も停まるのですね。
昨年、日曜学校キャンプで井川駅から奥大井湖上駅まで利用した思い出の列車。
懐かしい気持ちになりました。


息子は道行く人にも可愛がってもらいました。


教会はクリスマスの飾り付けをして、アドベントの期間に入っています。


ぜひクリスマスの集いに起こしください。

2018年11月27日火曜日

クリスマス集会のチラシが完成しました

もうすぐ12月ですね。

まもなく待降節(アドベント)が始まります。

クリスマスの諸集会の案内(チラシ)が完成しました。

今年のチラシの表紙は教会のメンバ−書き下ろしのイラストです。

とても素敵なイラストです。

ホームページのトップページに先立ってブログで共有します。


今年のテーマは、「イルミネーションのないクリスマス」

イルミネーションのないクリスマスなんて、現代ではありえませんね。

「イルミネーションがないなんて寂しい」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、聖書に記されている世界で最初のクリスマスにはイルミネーションはありませんでした。

本当に静かで、素朴なクリスマスでした。

でも、その素朴さ、静けさの中に、世界を照らす神の真実と愛が輝いていました。

今年のクリスマスは教会で過ごしてみませんか?

あなたの心に本当のクリスマスをお届けします。

2018年11月15日木曜日

文具話:久しぶりのモレスキン

今日は文具話です。

久しぶりにモレスキンを手に入れました。

実は以前にもモレスキン(ミュージックノート)を話題にしたことがありました。

こちらの記事

モレスキンは文具にはまっていた頃に愛用していましたが、しばらくぶりの購入です。

本当にシンプルで、何の変哲もないノートなのですが、私にとっての落ち着きどころです。多くの人にとってもそうであるのかもしれません。


飽きやすい私はなかなかノートを使い切ることができません。

それでも過去のノートを見てみると、モレスキンと(メモパッドですが)ロディアは最後まで使い切っています。

何の変哲もない(ただコスパが悪いだけの)ノートに見えますが、やっぱり使いやすいんですよね。

サイズ感
ゴムバンド
裏表紙についているポケット
表紙の素材感

特に、ポケットサイズのサイズ感は絶妙です。

これ以上小さいとノートとして使いにくく、

これ以上大きいとズボンのポケットやスーツの胸ポケットにおさまりにくいです。


モレスキンの激似のノートで、ドイツのロイヒトトゥルムというノートがあります。

デザイン・機能・価格とほぼ同じです。(ラージタイプもポケットタイプも)

ロイヒトトゥルムの方が紙質が良く、万年筆で書いても裏写りしません。

万年筆が好きなので、本当はロイヒトトゥルムの方を使いたいのですが……

私がモレスキンを選ぶ理由が一つあります。

(ポケットサイズの場合)、ロイヒトトゥルムがモレスキンよりも横幅が1.5センチ大きいという点がネックになってしまっています。

「大きくてお得」と考える人もおられるようですが、1.5センチ大きくになることによって、ズボンのポケットに入れた時、結構かさばるんです。(たかが1.5センチ、されど1.5センチです)

※ラージサイズの場合はロイヒトトゥルムを選ぶと思います。


今回は初めて「ドット方眼」タイプを選んでみました。

以前、愛用していた頃はなかったタイプです。


シンプルそのもの。変わらない安心感があります。


ドット方眼は普通の方眼タイプよりも、自由度が高そうです。
本当は真っ白のプレーンタイプが好きですが、私は字が傾いてしまう傾向にあるので、向いていません。メモで使うことが多いので、後で見返した時、汚い字が少しでも見やすいように、基本的には線のあるノートを購入します。(ただ横線はあまり好きではないので、方眼を選びます)


机のないところで使用することも多いので、ハードカバータイプを選びました。

ソフトカバータイプの、使い込んでいくとよれていく感じも好きですが。



何気にこのポケットを重宝します。


さて、新しいノートにはどんな言葉が綴られていくのでしょうか。


以上、文具話でした。(以下、おまけです)


息子は髪を切りました。


我が家の図書館長。


先週は暖かい日が続きましたね。


新しい家は、優しい光がいつも差し込んできます。

2018年11月10日土曜日

雨上がりの入江丘

写真だけです。特に内容はありません。


昨日は久しぶりに雨の一日でしたね。

雨上がりに撮った入江丘。


カラーバージョン。

別に鉄道好きではありませんが、入江丘の夕暮れが好きです。

ついシャッターを押したくなります。

さて明日は日曜日。教会で過ごす一日。どんな一日になるのでしょうか。

明日に向けて、イザヤ書を学んでいます。

2018年11月5日月曜日

お気に入りの豆


一昨日(11/3)の真ん中らへんデイキャンプでは、8教会から40名が集い、幸いな時間をともに過ごしました。

昨年に引き続き、各教会からそれぞれの地域のご当地お菓子を持ってきてもらいました。

主催の清水教会はトクナガ珈琲の珈琲豆を用意しました。(お菓子ではありませんが……ご当地珈琲です)



張り切って200グラムを2パック用意しましたが、時間も限られていたために1パックしか開けることができませんでした。

今回飲んだのはブラジルの「サン・アントニオ・アマレロ・ブルボン」(富士山の溶岩で焙煎したバージョン)

特に飲みやすく気に入っている豆です。本当に美味しい珈琲です。

もう一つの豆・コロンビアのアンジェリカを開けるのも楽しみです。

こちらはまだ飲んだことがありません。アマレロ・ブルボンよりも渋みのある味わいのようですね。

新婚時代は、毎朝、朝食の前に豆を挽いて、ゆったりとした朝の時間を過ごしていました。

いつしかそのような時間が持てなくなってしまいました。特に子どもが生まれてからは、子どもが起きる前にできるだけのことをしなければなりません。

とはいっても私も妻も珈琲なしで一日を始められないのでスーパーで買った粉末の珈琲をコーヒーメーカーで作って飲んでいます。

今回、少し久しぶりに大好きな豆をミルで挽いて、ドリップポットでお湯を注ぎ、飲んでみましたが、味わいが違い感動しました。

以前のように毎朝は難しいかもしれませんが、少し早起きして碾きたての珈琲を入れて、一日を始めるのも悪くないかもしれませんね。


さて、今は、足柄サービスエリアにいます。
「障がい者伝道協力会」の会議のために船橋に向かっています。

どんな一日になるのでしょうか。楽しみです^^
帰りに東京の文具店 とカメラ屋に寄るのも楽しみです。

2018年11月1日木曜日

デイキャンプ準備の日

今週土曜日(11/3)、一年に一度の東海・山梨地区の教会の合同青年集会「真ん中らへんデイキャンプ」を開催します。


先週の土曜日に青年たちが集まり、様々な準備をしてくださいました。


細かい作業です。



デイキャンプの名称「真ん中らへん」とは


日本列島の「真ん中らへんに位置する諸教会」という意味です。


今年のテーマ。


デイキャンプの最後に「らへんカフェ」をOPEN


プラ版で名札作り。

見ていたら私も久しぶりにプラ版作りをしたくなってきました……。


これはいったい……?


11月3日(土)、真ん中らへんのみな様のお越しを心よりお待ちしています。


2018年10月26日金曜日

秋の安曇野(後篇)安曇野の風景

前回の投稿「秋の安曇野」の続きです。

安曇野といえば・・・「清らかな水」

ということで、清らかな水の流れる「大王わさび農場」へ。


水車のある静かな空間。


安曇野の水はモンドセレクションも受賞しているとのこと。


考えてみると……「良い水」はとすべてに良い影響を与えてくれますね。

蛇口から出る水が美味しい……だけでなく、
コーヒーも美味しくなるはず。もちろん紅茶も、緑茶も美味しい。
お米も美味しいはずですし、
ラーメンもそば、うどんも美味しくできるはず。


逆に水が悪いと、すべてが悪くなってしまう、ということでしょうか……。
料理をする時、どんなに良い素材を使っても、どんなに上手に作っても、使用する水が沼地の濁った水なら台無しです。


良い水は、すべてに良い影響を与え、

悪い水は、すべてに良くない影響を与えてしまう。

私たちの日々の生活も、何に根ざし、何から影響を受けているかが問われますね。

「聖書の言葉」こそ、私たちの価値観、世界観、言葉や行動、計画に最良の影響を及ぼしてくれる「清き湧き水」ではないかと思います。


美しい流れの前で、


何故かはしゃぐ息子。※ブレています。


夜は暖炉のある宿舎へ。



キスの挨拶をする息子。


自然の中で充実した時間を過ごし、満たされて家路につきます。


帰り道。



神学生時代、軽井沢から静岡に帰る時に通っていた道によく似ています。


神さまの造られた自然をたっぷり味わってきました。


おまけ。

プリンも味わいました。

中央自動車道・双葉サービスエリアのお土産コーナーに売っていたプリン。

シンプルな味でしたが、甘さ控えめで好みの味でした。

とろーり系ではなく、しっかりとした弾力があります。

「THEプリン」という感じ。

あまり寄らないサービスエリアですが、今度来た時も食べます。

間食は旅の醍醐味ですね。