2018年12月26日水曜日

立体的な絵


最近、息子と一緒にお絵かきをすることがあります。

絵を描いていると懐かしい気持ちになります。

絵を描くことは子どもの頃から好きでした。

聖書の勉強をするようになってから、ほとんど描かなくなってしまいましたが、

今でも、子どもたちに聖書の内容を伝える時に、少しだけ絵を描くこともあります。

でも、自分の絵を見て物足りなさを覚えます。

なぜか、理由はわかっています。

「平面的」なのです。

真正面から見た顔や真横から見た顔を描くことはできるのですが、
様々な角度で、色々な人物を配置したり、奥行きのある背景を一緒に描くことができません。
絵に影をつけて浮き上がらせたり、動きをつけて躍動感を出したり、
そういう絵はほとんど描いてきませんでした。
そのあたりが、本当に芸術を学んできた人との差になって現れてしまうのだと思います。雲泥の差です。

絵に関しては、いまのままでも良いかなぁ、と諦めているのですが、

聖書の読み方・紹介の仕方に関しては、学びを積み重ねていきたいと思わされています。

平面的な話は、そんなに難しくないかもしれません。

「もっと立体的に捉えることができたら良いのに」と思うことがあります。

歴史、文化、思想、言語

客観的な考察と黙想的な探求

一つの聖書箇所を学ぶにあたっても、
いろいろな角度から、いろいろな方法で、書き記された御言葉にフォーカスしていく。

そうしていく中で、ただ「理解した」というだけでなく、

聖書の言葉に内包されているメッセージが浮き上がっていくような読み方、また語り方ができれば、それは本当に幸いな学びになっていくのだと思います。

2019年は、もっともっと聖書の世界を探求していきたいです。

教会で一緒に聖書を学ぶ仲間が与えられていることは、本当に幸せなことであると思っています。

幸せな場所です。教会は。


先日のケアセンターでのキャロリングの様子

施設、社長、職員、利用者のみなさまが本当に素敵で感動しました。

2018年12月21日金曜日

アナログ人間

最近「アナログってすごい」をよく言っている気がします。

寒い時期、部屋を温めてくれる電化製品はありがたい存在です。

教会にもエアコンはありますが、各部屋にはないので、石油ストーブや電気ストーブを使うことがよくあります。特に冷え込む朝晩は、その威力に驚かされています。
高価なエアコンよりも、一気に部屋を温めてくれるからです。

私が普段仕事をしている部屋は、小さな2000円くらいで買った電気ストーブ一つでポカポカです。

数ヶ月前まで住んでいたアパートのお風呂には、スイッチ一つで適温のお風呂を沸かしてくれる最新機能がついていましたが、引っ越しをした新しい住まい(築30年)は、火をつける機械(一種の給湯機?)を使ってお風呂に貯めた水を温めなければなりません。最初なかなか慣れませんでしたが、明らかに電気で沸かすよりも高速で水を温めてくれます。その威力に驚いています。

少し話が飛びますが・・・

何かを書き記す時、パソコンでタイピングするよりも、鉛筆でノートに書いた方が記憶にも残り、また良いアイデアが思い浮かぶような気がします。

本も、パソコンやiPadで電子書籍を読むよりも、印刷された本を読む方が、頭に入ってくるような気がします。

なので聖書も、電子版を持っていますが、ほとんど使っていません。

確かに、デジタルにおける技術革新は、私たちの生活をより豊かに、より便利にしてくれているように思います。デジタルなモノに助けられるていることは多くあります。でも、昔ながらのアナログな道具の普遍性、使いやすさに関心させられることも多くあります。

新しいもの好きのミーハー(古い表現ですが・・・)な私は、つい最新技術を求めがちです。

色々なものに目移りしたり、流行に流されたりしてはいないかと自問する者です。

最新ではないけれど、変わらないもの。
革新的ではないけれども、使いやすいもの。
特別ではないけれども、信頼できるもの。

仕事道具も、生活用品も、また考え方も、

もう少しアナログを大切にしてもよいのではないか、と思わされています。


我が家一のアナログ人間


クレヨンを握って


黙々と

2018年12月13日木曜日

冬の公園、寸又峡温泉etc...

少し久しぶりの更新です。

特別なネタがあるわけではありませんが^^;

とりあえず最近の写真を無作為にアップします。


朝の光の中で


ひいおじいちゃんからいただいたおもちゃで遊んでいます


寒くなってきましたが、息子は公園が大好きです。


私はたまにしか一緒に行ってあげられていません。

もっと一緒に過ごす時間を大切にしないと、と思わされている今日この頃です。


少し前の話ですが、11月23日の祝日に教会の青年と「寸又峡温泉」に行きました。

温泉、といっても食べ歩きと紅葉見物です。


この池はとても幻想的でした。





途中、千頭駅にも寄りました。SL見物。



千頭にはアプト式列車も停まるのですね。
昨年、日曜学校キャンプで井川駅から奥大井湖上駅まで利用した思い出の列車。
懐かしい気持ちになりました。


息子は道行く人にも可愛がってもらいました。


教会はクリスマスの飾り付けをして、アドベントの期間に入っています。


ぜひクリスマスの集いに起こしください。